小口の煌めきBlog

みなさん、初めまして!

浜新硝子 製造部の現場管理をやっている石橋信彦といいます。

普通に生活していては知る事がないであろう様々な事を製造現場よりお伝えしていきます!

 

 

突然ですが!ガラスのエッジ部分をまじまじと見た事はありますか!?

 

ガラスのエッジ部分の仕上げ方には様々な仕上げがありますが

今回はエッジ部分の磨き加工について書きたいと思います。

 

 

ガラス業界ではエッジ部分の事を「小口」と呼びます。

小口磨きとは、テーブルやガラスがむき出しになる使われ方の時によく使われている

仕上がりで、エッジ部分がつややかになっているものが小口磨きになります。

 

 

一口に小口磨きと言っても形状は様々で、一般的な平仕上げはこんな感じ。

 

くっきりとシャープな形状はスクエアな形状にベストマッチ!

 

 

 

滑らかなRのついた半丸仕上げやラウンド仕上げ

丸いテーブルや角にRをつけた製品により一層やわらかな印象を与えることができます。

 

 

 

特殊な形状のOG仕上げ。

厚みのあるテーブルに使われることが多く、重厚感、高級感をプラスできます。

 

 

詳しくは加工のレシピをご覧ください。

http://hamashin.glass/recipe-link/
 

 

上記形状以外にも刃物の形状で形を変えることが出来るので特殊な形状にも対応可能です。

板厚によっては加工が出来ない形状がございます。

製作可否については事前にお問い合わせください。

 

お問い合わせはINFORMATIONよりお願いします。
http://hamashin.glass/#information